ブログ

冬の乾燥ケア

冬は肌の乾燥が気になる季節ですが、実は髪も同じように乾燥するといわれています。

みなさん、お肌や髪の乾燥対策、ケアは行っていますか?

お肌の乾燥ケアはしっかりしていても、髪のケアは何をしたらいいか分からないという方が多いのではないでしょうか?

そこで、冬の髪の乾燥の原因と対策を紹介したいと思います。

 

冬に髪の毛が乾燥する原因とは?

1、暖房による髪の乾燥

冬はもともと湿度が低いうえに、エアコンなどの暖房器具を使用します。

その影響で空気がカラカラに乾燥すると、肌と同じように髪からも水分が蒸発し、パサついてしまうのです。

特にヘアカラーやパーマなどで傷んだ髪はキューティクルが開いているため、そこから水分が逃げやすくなっています。

 

2、空気中の水分が少なくなる

冬は気温が下がり空気中の水分量がなります。

髪の毛や肌は空気中の水分を受けてうるおいを保つのですが、空気中に水分が少なくなる冬は十分に水分を補給できないので乾燥をしてしまいます。

 

3、シャワーの時に熱いお湯を使う

熱い温度のお湯を使うと、油分を必要以上に流してしまいます。

油分はある程度髪の毛や肌に必要なもので、水分を維持してくれたりバリア機能の役目を果たしてくれます。

油分がなくなってしまった髪の毛や肌は、うるおいを保つことができずにどんどん水分がなくなり乾燥してしまうのです。

 

4、ドライヤーを当て過ぎている。

冬の時期は夏に比べて、ドライヤーをかける平均時間が長くなりやすい傾向にあります。

そのため髪の毛は必要以上に乾燥してしまい、バサバサな髪の毛に。

髪は熱に弱く、熱を当て過ぎると髪を守るキューティクルが壊れてしまいます。

 

このように髪が乾燥する原因はたくさんあります。

髪が乾燥するとなにが起こるのかと言うと、髪の毛がダメージを受けたり、ヘアスタイルがキープできなくなったり、静電気が発生しやすくなります。

 

そんな髪の乾燥を防ぎ、艶やかな髪をキープするために、、、

1、潤いを与えてくれるシャンプーを使用する。

保湿成分の入ったシャンプーを使うことで髪に潤いを与えることができます。

2、アウトバストリートメントを使用する。

ドライヤー前に髪の毛につけて乾かすことで、髪の毛内部にうるおいを閉じ込めることができます。

3、ヘアブラシを使用する。

外出前やシャンプー前に髪の毛全体に通すことで、髪の毛の表面が整えられてツヤのある髪の毛に見え、静電気対策にもなります。

4、部屋の湿度調整を行う。

加湿器やコップ一杯の水をテーブルの上や枕元に置くことで、空気中に水分が足されて乾燥が予防できます。

5、熱いお湯で洗わない。

38℃が髪の毛にとって適温だといわれています。

6、ドライヤーに時間をかけすぎない。

髪の毛が集まる根本から始め、徐々に毛先へと乾かすことで必要以上に風を当てることなく効率良く乾かすことができます。

 

髪の乾燥対策やケアは毎日の積み重ねが大切となりますが、まずはひとつ、実践できるものから始めてみてください!

これらの対策を行い、冬でも乾燥知らずのキレイな髪をキープしていきましょう。。

 

ZELE/JUNONではお客様に合わせたシャンプーやヘアケアアイテムを取り揃えています。

どんなシャンプー、トリートメントを使用したらいいか分からない。そんな時は、一度ご来店下さい!!

ご予約、お問い合わせはこちらから↓

ZELEessence(エッセンス)  Web予約
TEL 0120-05-7007

ZELE小金井イトーヨーカドー  Web予約
TEL 0120-05-4775

ZELE仙川  Web予約
TEL 0120-05-9189

ZELE AVEDAららぽーと立川立飛  Web予約
TEL 0120-514-166

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook
ページ上部へ戻る