ブログ

カラー剤の種類や違い

カラー剤の種類や違い

一言でヘアカラーといっても様々な種類がありますよね。

今回は大きく4つに分けてご紹介したいと思います。

 

〇アルカリカラー(医薬部外品)

いわゆるカラーリング(白髪染めオシャレ染めファッションカラーなど)と言われる物が対象です。
1剤と2剤を混ぜて使うタイプで脱色発色を同時にできるのが特徴です。
非常に使い勝手がよく幅広い方にオススメできますが、ジアミンというアルカリ剤にアレルギーが出てしまう方もいたりします。
ちなみにイルミナカラーなどもアルカリカラーの商標名の一つです。

 

 

カラーリングと白髪染めの違いは?

イルミナカラーとは?

 

〇ブリーチ、脱染剤(医薬部外品)

こちらも1剤と2剤を混ぜて使うタイプです。
アルカリカラーとの大きな違いは脱色のみを行い、染料は入っていません。
ライトナー脱染剤などは、ブリーチよりも脱色する力、ダメージなどが少ない物を指していることが多いです。
より明るくより綺麗に原色を発色するには一度ブリーチで脱色しましょう!

 

 

〇ヘアマニキュア、塩基性カラー(化粧品)

アルカリカラーなどとの大きな違いはまず化粧品登録だということ、色のみで出来ているので髪の毛を脱色する力はありません。
絵具のように髪の毛の表面に色が付くので、暗い髪にはどんな色を塗ってもほぼ見えません。
メリットは頭皮、髪の毛にダメージが少ない事やジアミンによるアレルギー反応なども出ないことです。
近頃は酸性カラー塩基性カラーなど、pHやイオンなどを利用してより原色なども染色しやすいような物も増えました。

 

 

〇ヘナカラー(化粧品)*ZELEでは取り扱いがありません。

草木染めの一種で、ヘアカラー用の化粧品登録や、その他の染色の用途の場合は雑貨品のものもあるようです。
草木染めは全般、染色のみを行うもので脱色する力はないので、ヘアマニキュアなどと同じような使い方になります。
植物性になるので、選べる色味に縛りがある事と稀に植物性のアレルギーの出る方もいたりするようです。

 

 

 

 

<まとめ>

・基本的にはアルカリカラーが主流です(ZELEでは約70~80%ほど)
・髪の毛を明るくしたい方は、アルカリカラーブリーチなど脱色の力のあるもので染めましょう。
・頭皮が敏感でアレルギーがある、不安な方はヘアマニキュアヘナなどが安心です。
ダメージを抑えたい方で明るくしない場合はヘアマニキュアも相談してみましょう。

 

<最後に>

カラー剤も様々な種類や特徴があります。
各メーカーさんの努力、化学の進化もあり、カラー剤自体もより良いものが出来ています。
ZELEでは、我々美容師も日々の技術の向上やトレンドなどを踏まえ、カラー剤のより良い使い方やテクニックも磨いています。
ですので、お客様も自分の要望や理想などを是非ご気軽にご相談ください。

是非、ZELEあなたの為だけのスペシャルカラーリングを体験してみてください!

 

JUNON|ZELE各店へのWEB予約はこちらから↓

ZELEessence(エッセンス)  Web予約
TEL 0120-05-7007

ZELE小金井イトーヨーカドー  Web予約
TEL 0120-05-4775

ZELE仙川  Web予約
TEL 0120-05-9189

ZELE AVEDAららぽーと立川立飛  Web予約
TEL 0120-514-166

ZELE SOCOLA  Web予約

TEL 0120-316-1137

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Facebook
ページ上部へ戻る